香典

仏式の場合

葬儀時から満中陰までは上段中央に「御霊前」とそれ以降は「御仏前」と書きます。

ただし、亡くなると同時に仏になる浄土真宗の場合は満中陰前、葬儀から「御仏前」と書きます。又、上記他には「御香典」や「御香料」等があります。

※ただ、会葬する方にとっては喪家の宗派を事前に知るのは、なかなか困難な事であり、神経質にこだわる必要は無いと思います。それでも避けたいと思われる方は「御香料」とします。

神式の場合

銀の水引(無ければ黒白でも構いません)を使います。表書きは「御玉串料」と書きます。

「御神前」または「御榊料」と書くこともあります。

蓮の柄がついた香典袋を時々見かけますが、神式には使えません。

キリスト教の場合

水引は無くても構いません。表書きは「献花料」や「御花料」と書きます。

下段には通常「フルネーム」を記入します。連名の場合も同様です

又、中袋には喪家が香典の整理をする際に重要な資料になりますので、住所・氏名・金額をはっきり書きましょう。

グループで包む場合は半紙などにメンバー全員の名前を書き中へ入れます。

表書きは「○○会有志」とか「○○会社営業部一同」のようにグループ名称のみ書きます。

香典を郵送する場合

通夜・告別式とも出席出来ないときには現金書留で香典を郵送します。

この場合まず、現金を香典袋に入れてから現金書留の封筒に入れます。

その際には出席出来ない理由と、故人を偲ぶ手紙を添えると心がこもるでしょう。

香典の出し方の注意点

御香典は遺族の方が後で整理しやすいように出すことが重要です。

住所や氏名は見やすいように書きましょう。

香典を霊前に直接供えるときは、自分の方から読めるよう(霊前に対して逆向き)に供えます。

受付で渡す場合は、相手から読めるように渡します。

香典辞退とは

喪家によっては、「故人の遺志により」とか「喪主の意向により」等の理由により香典辞退の案内が受付にある場合があります。

その時は無理に渡す事は控えましょう。

弔問・会葬

通夜の服装

とり急ぎ通夜の弔問に駆け付けるときは、なるべく地味な服装が望ましいですが、平服のままで構いません。男性の場合は、できればネクタイと靴下を黒に変えましょう。

葬儀告別式の服装

葬儀告別式に参列時の一般的な服装は、通常礼服です。しかし、特に親しい間柄でなければ黒めの平服で構いません。男性はダークスーツと黒のネクタイ、黒靴。

女性は黒もしくは地味な色のスーツかワンピース、それに黒靴が望ましいでしょう。

男女を問わず、黒であっても光沢のあるものは避けましょう。

気になる装い

【鰐皮のバック】
いくら黒とはいっても鰐皮のハンドバックや毛皮のコートは、葬儀にふさわしくないと思われます。
本来、天然皮革や毛皮はカジュアルな服装で、フォーマルには不向きなものです。

【派手な黒服より】
ある葬儀で見かけた若い女性の服装。
黒い服でも、胸元が透けているデザインで、袖口にもすそにもフリルがいっぱい。
おそらくこの女性は、黒の礼服がなくて、自分の持っている唯一の黒い服を着たのでしょう。
でも派手な黒服を着るよりは、地味な色やデザインのワンピースのほうが良かったのではないかと思います。

【ブランドものは】
バッグや靴、アクセサリーなどすべてブランドもので、かためている人がいました。
一目で○○ブランドとわかるような派手なマークや飾りの付いた小物は、いくら黒や地味でも目立つので、避けた方がいいのではないでしょうか。

【通夜でも素足は】
たぶん勤務先から通夜に直行したのでしょうが、素足にサンダルというのは失礼だと思います。サンダルは仕方がないとしても、せめて途中でストッキングを買って、はいてくるぐらいの心遣いがほしいものです。

通夜の弔問

通夜とは、その字の通り夜通し遺体と共に過ごすことをいうのですが、現在では夜通し遺体を守るのは近親者に限られます。本来、通夜は正式な儀式ではなく、身近な親しいの集まりなので厳密なしきたりといったものはありませんが、席順は血縁の近い人から祭壇のそばの近くに着くのが普通です。

通夜ぶるまいなどを喪主から勧められた場合には、一口でも箸をつけるのが礼儀です。

このときに注意したいのが喪主の家族は看病疲れや、葬儀の準備で忙しいので、早めに切り上げましょう。

遺体との対面

遺族から勧められない限り対面は控えるのが礼儀です。

対面の作法は、まず遺体の枕元から少し下がって正座します。

一礼の後、遺族が顔の白布を外したら膝をつけたまま近づきます。

対面の後、もう一度一礼して合掌します。そして遺族にも一礼します。

逆に、対面してくださいといわれたけど、気が進まないときには、「あまりにも悲しくて、よくお顔を見られませんので」などと、やんわり断りましょう。

おくやみの言葉

お悔やみの挨拶は、平凡でありきたりのもののほうが良いでしょう。余計な事を言うと、かえって差し障りができてしまう事も考えられますので、短く済ませましょう。また、「なお・また・再び」のような忌み言葉と、「度々・重ね重ね」等の重ね言葉は避けましょう。

2~3例文を紹介しておきます。
「この度は誠にご愁傷さまでございます。突然のことでさぞやお力を落とされていることと存じます。」
「突然のことでお慰めの言葉もありません。心よりご回復を祈っておりましたのに、本当に残念でなりません。」
「この度は誠に残念なことになりまして、心からお悔やみ申し上げ御冥福をお祈りいたします。」

「がんばって」は禁句

焼香が終わって遺族が立礼で頭を下げているときに、「がんばってください」と声をかける人がいますが、これは考え物です。

もう、すでに葬儀まで精一杯がんばってきている遺族に、神経を逆なでするような、思いやりのない言葉と受け取られるかもしれません。

同様に「大変でしたね」というのも、遺族としては答えようがない場合もあります。

なにもいわないのも、心配りの一つかもしれません。

死因はあえてきかない

故人の死因は、弔問者側から聞かないのがマナーです。遺族にしても「もう、そろそろ」と覚悟していた場合は、ある程度の心の準備はできているでしょう。

しかし、自殺や事故で、本来は亡くなるはずのなかった人を亡くした場合は、やりきれない思いで心は相当乱れているはずです。
また、病名を人に知られたくないという事情が絡んでいることもあります。

遺族が死因にふれない時は、弔問者もさりげない態度でのぞみましょう。

弔辞

弔辞を頼まれたら断らないで引き受けるのが礼儀です。弔辞は喪家に保存されますので、丁寧に書くべきですが、文章は真心が伝わるように自分の言葉で書くのが良いでしょう。

ごく一般的な弔辞文作成のポイントを簡単にまとめておきます。

1.まず、亡くなったことへの悲しみを述べます。
2.次に故人の業績や人柄を、大袈裟にならない程度に讃えます。
3.そして遺族を励まし、自分に出来ることがあれば力になりたいと誓います。
4.最後に故人の冥福を祈り結びとします。

ここでも忌み言葉は使わないように注意しましょう。正式には厚手の巻紙に書きますが、最近では経本のようにジャバラ折りにすることも多いようです。そして奉書で包み、表に「弔辞」と書きます。

弔問・会葬

弔電

葬儀に出席できない場合、電話でのお悔やみは避けましょう。喪家では葬儀の準備などで忙しく、さまざまな連絡用に電話を使用しなければならないからです。なるべく電報を利用するようにしましょう。

電報はNTTの115番で受け付けてくれます。インターネットからでも申し込みができます。

気になる装い

【タバコ】
葬儀の際、式場や控え室でタバコをプカプカ吸うのは困りものです。
人ごみでタバコを吸うのは一般でもあまり許されることではありません。

【携帯電話】
マナーモードか電源OFFにしましょう。

【車の利用】
個人宅での葬儀に車で弔問するのは、できれば控えたいものです。
遺族もなるべく駐車場の確保には気を使いますが、住宅事情等やむを得ない場合もあります。又、近くの道路に路上駐車をすると一般車両はもちろん、霊柩車やバス等の邪魔にもなりなりかねません。
事前に駐車場の確認するか、公共交通機関を利用したいものです。

焼香

焼香の意味

仏教ではお葬式をはじめ、さまざまなご法要の祈りに必ずお焼香をします。

これには、御仏前を荘厳にすることによって敬虔な心を捧げるという意味があります。

香は人の気持ちを快くするものですが、それと同時に芳香によって心身を清めるといった意味もあります。

香は仏教だけでなくキリスト教(カトリック)の葬儀でも、前夜式などで用いられているようです。

普通、近親者の焼香は葬儀式の時間内に行われ、一般会葬者の焼香は告別式のなかで行われます。

一般的な焼香の仕方

1. 遺族に一礼をして焼香台のある御仏前に進み、ご本尊と遺影を仰ぎ頭を下げて黙礼します。

2. 右手で香をつまみます。

3. 額の所まで押しいただきます。(浄土真宗ではいただきません)

4. 香炉に静かにくべます。回数は宗派によって違いますが、会葬者が多いときは一回だけ行うことが慣例化してます。

5. 合掌礼拝します。最後に遺族に一礼し退きます。

焼香

宗派毎の焼香回数

*浄土宗・・・「真心を込めて一心に」で一回、「身を静めて一回、心を清めて二回」の二回「過去・現在・未来の衆生に回向」の三回などがあります。

*浄土真宗・・・自分の心身を清めるためとも説明され、基本的には香を戴くことはしませが、大谷派は「心と身」で二回、本願寺派は「心」で一回などもあります。

*真言宗・・・三回。「仏法僧に供養すること」、「身口意の三密修行に精進すること」、「戒香・定香・解脱香」等の教えがあります。

*天台宗・・・一回。

*曹洞宗・・・回数にはこだわりません。

*臨済宗・・・通常一回ですが、回数にはこだわりません。

*日蓮宗・・・三回。「仏法僧の三宝供養」や「空仮中の三締」にならうといわれています。

*日蓮正宗・・・三回。

*時宗・・・一回。

数珠のかけ方

数珠はもともと、お経やお題目をあげるときにその数を数える法具でした。今ではお経やお題目を唱えたり、仏様を礼拝するときに手にかけてお参りします。

数珠は持ってるだけで功徳があるとされ、普通百八の珠からできています。これは、百八の煩悩を退散・消滅させる功徳があるからだといわれています。珠の数はこのほかにも、百八の十倍の千八十のものから、六分の一の十八のものまでさまざまあります。

形式については宗派によって若干の違いがありますので求められる時に確認したほうが良いでしょう。又、数珠のかけ方も宗派によって異なりますので、代表的な宗派について紹介しておきます。

焼香

合掌の仕方

合掌は、仏様を尊び、供養する気持ちを表したものです。一説によれば右手は仏様を表し、左手は私たち凡夫を表すといいます。手を合わせることによって仏様の境地に私たちが近づけるというのです。いずれにせよ、掌を合わせることによって心が落ち着き、精神が安定するのではないでしょうか。

合掌のしかたは、まず、指と指の間を離さずくっつけて、掌をピッタリ合わせます。位置としては胸の前に、胸にはつけないで少し前に出します。掌の角度は四十五度くらい。肘は張らず、脇も力を入れて締める必要はありません。肩の力を抜くようにすればよいでしょう。合掌にもいくつかの形がありますが、この形がもっとも代表的なものです。